記事一覧

トイレトラブルに備える

作業員

流したらダメな意外なもの

トイレ詰まりは、ある日突然起こる場合もありますが、原因が毎日少しずつ蓄積して起こる場合もあるのです。この原因が蓄積しないような生活を心がけると、トイレのトラブルを減らすことが出来ます。トイレに流す物について考えてみましょう。カップラーメンやお弁当の残りなどを流していませんか。また、二日酔いでトイレでおう吐してしまうことは良くありますが、実は、食品・おう吐物に含まれている油分は、排水管にこびりつき、流れにくくなるため、トイレ詰まりの原因になる可能性があるのです。ペットを飼っていらっしゃる方は多いですが、猫・犬のフンをトイレに流していませんか。トイレはもともと人間の排泄物を流すために作られており、ペットの排泄物を流すことは想定されていません。猫や犬のフンは、毛も混じっており人間の物より水に溶けにくく、また、トイレに流せるタイプの猫砂でも、一度に大量に流すとトイレ詰まりの原因になります。水に溶けるトイレットペーパーでも、一度に大量に流すとトイレ詰まりを起こすことがあるので、猫砂などを大量に流すとどうなるのか想像が付くと思います。トイレが詰まらない程度に複数回に分けるなど、ほどほどに流すようにしましょう。特に、集合住宅などの場合は、階下の方に大変な迷惑を掛けてしまうことにもなりかねません。水位がいつもより高いような気がする、流したときに変な音がするなど、前兆を感じたら放置せずに、業者に連絡を取りましょう。トイレ詰まりで、業者に依頼する場合は、WEB割引やポイントの貯まるサービスなどがあるインターネットでの依頼がお得です。また、ホームページにはトイレ詰まりの対策方法なども公開されていますので、それらの方法を試すことで解消されることもあるかもしれません。

Copyright© 2018 トイレつまりの緊急事態は業者へ|スタッフは迅速で丁寧な応対が特徴 All Rights Reserved.